HOME サイトマップ お問い合わせ 

雑記帳

---農家のひとりごと---

5月11日 

今年は珍しく遅霜が来ない感じですね。
毎年霜が予想されるときは未明に畑へ行って火を焚いたりすることがあるのですが、
今年は一度も出かけませんでした。
その代わり、早くも梅雨の走りのような天気予報らしいです。

ナイヤガラ

5月7日 牡丹

市内の常光寺の牡丹が見ごろと知り、行ってきました。
様々な色の牡丹と藤棚の藤も咲いていてキレイでした。

牡丹

4月24日 

ハコベが咲いてきました。
ハコベ生えるまで堆肥運べという言葉があるくらいで、
肥沃な畑でないと生えてこない草です。

ハコベ

4月12日 満開 

4日前に咲き始めた桜が一気に満開です。
連日夏日が続いていますからね。
ぶどうの芽も膨らんで黄色い綿毛になってきました。

桜

4月2日 

まだまだ寒いです。
今朝は去年の暮れに埋めておいたぶどうの苗を掘り返し、新たに植え付けました。
地面には霜柱がところどころにたっていました。

霜柱

3月22日 雪

今朝も雪です。降り続いています
地元でいうところのカミユキです。
毎年3月の終わりごろにこうした雪が降ります。
剪定した枝の焼却作業も一時中断です。
あと3か所の畑が残っています。

雪

3月19日 

昨日は雨が夜には雪に変わって、今朝は雪景色が広がっていました。
でも気温も上がってきてみるみる溶けてしまっています。
ところで、先日の地震、塩尻でも結構揺れました。
コロナの渦中にウクライナ侵攻でさらに地震と大変な世の中です。
このHPも一時的に表示されなかったようで、一瞬サイバーテロか?と焦りましたが、
サーバーの地震の影響だったようです。
とりあえずデータ消えてなくてよかったです。

3月16日 

今日は気温が20℃を超えて汗ばむほどでした。
イヌフグリの花も一気に咲いてきました。

イヌフグリ

3月15日 

剪定の切り口から水が落ち始めました。
気温も上昇して上着無しで作業ができます。
着々と春がもうそこまで来ています。

水揚がり

3月7日 

この冬は寒い日が多かったので福寿草が咲くのも遅かったようです。
昨年は春の出だしが異常に早くて、桜の開花も記録的に早かったのでかなり慌てましたが、
今年はとりあえずそんなことは無いようです。
長かった剪定作業もいよいよ終盤となりました。

福寿草

3月4日 

これまでの妻の日記に代わり河村農園のインスタができましたので
そちらもよろしくお願いします。

2月21日 

冬季五輪も終わってしまいました。
今回も様々なドラマがありましたね。

今年は雪がよく降るので雪かきも何度か行いました。
まれに大雪でぶどう棚が潰れることがあると聞いているので、寒くても雪があっても剪定は 早めに済ませておきたいものです。

高妻

2月11日 

昨日の積雪は20センチぐらいでした。
久々に雪かきをしました。
南岸低気圧による雪を地元ではカミ雪と呼び、3月下旬まで何度か降ります。
この雪が降るごとに春が近づいていることになります。
剪定も6割終わったぐらいです。
ペースを上げていかないと。

ニセアカシヤ

2月10日 雪とツグミ

今日は雪です。
この時期南岸低気圧が通過すると、雪があまり降らない塩尻でも積もります。
雪が積もると何故かツグミの姿が目立ちます。

ツグミ

1月10日 三九郎

今日は地元で三九郎(サンクロウ)と呼ばれる、いわゆるどんど焼きが行われました。
何故三九郎と呼ばれるかは諸説あって不明です。

三九郎

1月8日 寒い

今年の冬は寒いですね。
今朝の冷え込みも厳しく、最低気温は−9℃でした。寒いわけです。
諏訪湖もすでに全面結氷し、御神渡りの出現に期待がかかっています。

1月1日 謹賀新年

明けましておめでとうございます
未だコロナ終息に至ってはいませんが、今年が皆様に幸多きとしでありますように
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます


最新の雑記帳へ
過去の雑記帳へ

ご意見ご質問ご感想をお寄せくださいませ。お問い合わせ

このページのTOP


HOME


Copyright(C)2022 河村農園 All Rights Reserved.